福島大学 うつくしまふくしま未来支援センター 相双地域支援サテライト福島大学 うつくしまふくしま未来支援センター 相双地域支援サテライト
検索

 

活動内容

地域再生を目指し
住民に寄り添った支援を行っています。

震災から一年余りが経過した平成24年8月、住民の帰還が始まったばかりの川内村からサテライトの支援活動はスタートしました。その後地域復興や住民帰還が進められるなかで新たな課題への対応が求められるようになったことから、平成27年8月に活動拠点を楢葉町に移し、これまでの住民帰還支援担当に加え、新たに教育環境整備担当を配置。現在は被災12市町村全域を対象とした支援活動に取り組んでいます。

私たちサテライトの役割は、地域の人たちが主体となって取組みを進める中で、不足している部分をサポートしていくことです。被災地域の復興に向け、[地域復興支援][教育環境整備][産業振興支援][情報発信]の4つの支援活動を行います。

地域復興支援
地域が主体となって復興への取組みを進められることを目指し、町村の枠を超えた連携や復興を進めるための体制づくり、相双地域の外から復興の機運を高める機会の提供等を行っています。
詳しい活動内容
教育環境整備
避難を強いられ仮設校舎などで厳しい環境が続いてきた子どもたちの支援や、再開したばかりの小・中学校、こども園の支援、教育委員会の支援等を行っています。
詳しい活動内容
産業振興支援
避難指示が解除された地域の帰還を進めるうえで必要となる、産業振興や農業再生に向けた支援を行っています。
詳しい活動内容
情報発信
相双地域への関心を持ち続けていただくとともにサテライトの活動を理解していただくことを目的に、相双地域内外の方へ向けて地域の情報およびサテライトの活動の情報を発信しています。
詳しい活動内容